teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


思い通りにいかないから人生は面白い

 投稿者:alidoro  投稿日:2017年 2月18日(土)18時21分52秒
返信・引用
  曽野綾子は「思い通りにいかないから人生は面白い」と言った。

普通は、思い通りにいかないから苦しい、悔しい、悲しいが曽野綾子さんの言われるようになりたいものである。
 
 

シャンソンが流れていた

 投稿者:alidoro  投稿日:2016年12月12日(月)16時24分59秒
返信・引用
  今朝は午前2時台のラジオから流れるシャンソンを聴いて歩いた。2/45分から歩いた。

巴里娘、パリのお嬢さん 、 パリの空の下、マドロスの唄、 しあわせを売る男、 悲しみよ こんにちは 、枯葉、などの曲がよかった。

「県立医療センター前」「東海道名残りの一本松」を3回通過した。函館山ロープウエーの事故で一人死亡のニュースが入ってきた。今日は稀代の大泥棒として有名な石川五右衛門さんが死亡した日とアナウンサーは言った。でも処刑された日は違った。

万歩計は午前5/30分で14.811歩になった。ムスビ1個、バナナ1本、たまご1個を食べてから公園へラジオ体操に向かった。

まだ真っ暗だった。6/28分の気温はマイナス▽1.1度で湿度90%北北西の風0.9mでした。

ラジオ体操はこの寒い中17名が参加していた。公園から更に南高校前を通り7時25分に帰宅した。万歩計は23587歩になっていた。午後の散歩は「昼の憩い」の音楽を聴いて歩いた。
公園はほんの数人しか会わなかった。南部丘陵公園の北部ゾーンを一人で散歩した。薄日で寒かった。13/18分帰宅。万歩計は29.163歩になった。
?
 

真珠湾攻撃から75年

 投稿者:alidoro  投稿日:2016年12月 8日(木)08時33分28秒
返信・引用
  真珠湾攻撃は1941年12月8日未明、ハワイ時間(12月7日)、アメリカ合衆国のハワイ州オアフ島真珠湾で起きた。アメリカ海軍の太平洋艦隊と基地に対して日本海軍が行った奇襲攻撃だった。

私は1931年9月24日生まれ。まだ10歳の少年だったが当時のことは、はっきりと脳裏をかすめる。満州事変(1931年)とリットン報告書(1932年)日独伊三国同盟(1940年)そして「日米交渉(1941年)」本日2016年12月8日で75年を迎える。


なぜ日本は戦争へと至ったのか? 日本近現代史が専門の加藤陽子・東大教授は著書「戦争まで」で、1941年の太平洋戦争の前に、世界が日本に「どちらを選ぶのか」と真剣に問いかけてきた交渉事は3度あったという。私の自分史にも10歳の戦時下のことを次のように書きました。


当時の流行歌は「ラバウル海軍航空隊」、「同期の桜」、「予科練」、「ラバウル小唄」、という戦時下の歌が流行していた。 防空頭巾、もんぺ、戦闘帽、ゲートルの非常時ルックが急増しました。


流行語は「進め!一億火の玉だ」、「戦陣訓」、「生きて虜囚の辱めを受けず」、「米英撃滅」、「ニイタカヤマノボレ」、「ひまわりを植えましょう」、「輝く部隊」、「肉なし日」、「青い旅団」、「ゾルゲ」など。

戦艦大和が竣工され慰問袋もでまわりました。 映画は「支那の夜」、「蘇洲の夜」、流行歌は「たなばたさま」、「たきび」、「森の水車」、「めんこい仔馬」、「里の秋」など。今思うと懐かしい。
 

一人ひとりに 東京の物語

 投稿者:alidoro  投稿日:2015年 5月13日(水)20時56分11秒
返信・引用
  新聞で初めて見た、木村俊介さんは1977年生まれ。生まれ育ちは東京郊外の町田のベッドタウン。
公立中学を出て、全員が東大入学を目指す都心の有名高に通い始めると、同級生がひ弱に見えて仕方なかった。


勉強だけしてるやつじゃないぜと格好をつけながら、家でこつこつ机に向かう。「ほんとうのこと」なんて、
誰もしゃべれないわけです。


毎日、往復3時間、電車に揺られ、駅ですれ違う大勢の人たちを眺めながら、世の中には、「語られていないこと」が、もっともっとあるんじゃないかと感じるようになった。
 

東京住所不定

 投稿者:JA2KPR  投稿日:2009年 5月11日(月)17時01分52秒
返信・引用
  東京住所不定という単行本がある。1ヵ月ごとに東京中を引っ越し続けた男がいた。生まれ育った西宮を離れ13カ月間に渡り東京中を引っ越し続けた男、三代目魚武浜田成夫が住んだ場所は吉祥寺、要町、北青山、新高円寺、世田谷・大蔵、代々木、浅草・吉原、若林、南町田・キャノンボールシティ、曙橋、江古田、そして新宿・東京ヒルトン。この本はひとりの男がただ引っ越すということだけで自分のカッコ良さを表現した記録である。  

あきらめたら、あかん!

 投稿者:JA2KPR  投稿日:2009年 5月10日(日)09時48分42秒
返信・引用
  ベストセラーになった「だからあなたも生きぬいて」は現在、大阪で弁護士として活躍する大平光代さんの波乱万丈の半生を描いた作品だ。この人の人生は実にすさまじい。いじめられて割腹自殺を図ったり、極道の妻になり刺青まで入れたり、奮起して難関の司法試験に合格したりする。人生どんなことあってもあきらめたら、あかん!
 

理想の人間像

 投稿者:JA2KPR  投稿日:2009年 5月 8日(金)14時41分12秒
返信・引用
  川上弘美の「センセイの鞄」のセンセイ(松本春綱)の生き方は一風変わっている。孤独で静かな暮らしとツキコさんとの淡い恋。人生の終幕を迎える前にこうありたいと思わせる理想の人間像であるように思う。
 

生きたいように生きる

 投稿者:JA2KPR  投稿日:2009年 5月 7日(木)11時30分54秒
返信・引用
  佐々木倫子の文庫本「動物のお医者さん」に登場するハムテルの祖母にしてミケの飼い主、西根タカの行き方が好きだ。自分のしたいようにし、生きたいように生きる。優しいおばあちゃんでもないが、冷たいおばあちゃんでもない粋な老人だ。
 

いじわるばあさん

 投稿者:JA2KPR  投稿日:2009年 5月 4日(月)22時36分11秒
返信・引用
  いじわるばあさんは意地悪だけど愛嬌があってかわいかった。あんな老後を送ってみたい。

http://www7.tok2.com/home/alidoro/

 

レンタル掲示板
/1