teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1/375 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

2017#1

 投稿者:たのじ  投稿日:2017年 1月20日(金)01時42分4秒
  通報
  ★チコさん、たいへん遅くなってしまいましたが、新年明けましたので(いつ?)、今年も宜しくねってご挨拶をしにやってまいりました。

↓昨年の投稿からほんまにもう1年経ったのか?と思えるほどにあっちゅう間に新しい年が来ておりました。いゃあ、まいったまいった。

この一年、そう、丁度昨年の今頃ですが、春先から「茶の湯」を始めようと、初心者が集う教室に申し込んだのです。4月の開講から半年間、平日の夕方から2時間の教室ですが、定員7人で2人の先生と1人のお手伝い(3年目の先輩)さんに稽古して貰いました。
教室は予想外に若い女子が多く、すっかりオジサンのたのじはついていけるのか?心配でしたけど、何とか無事、終了して、皆と揃って”許状”を得ることができました。そして、10月からは、これまた7人、皆揃って先生宅で習うこととなり、今に至っております。
さすがに平日の夕方に通い続けるのは厳しいため(半年間でもかなり時間繰りがキツかった~)、私は月に2回、週末に通うこととなりました。
ただいま、今月末に予定している初茶会へ向けての稽古に励んでいるところであります。

チコさんも色々と習い事をされていましたので(確かお茶も)、私の上達が鈍って息詰まってしまった打開法をまた教えてください。

和菓子目的バレバレの茶道入門者たのじより愛をこめての #239
 
    (管理人) たのじさん:
新年おめでとうございます。もうすぐ旧正月の新年ですね。
新旧どちらでもgood timingの挨拶をいただき、まことにセンスを感じます。
その上、茶の湯のお稽古ですか!?
和菓子が目的でも継続してお稽古に通うのは大変だと思いますので、熱心に取り組んでおられるのでしょう。
私は中国茶の方をずっと続けていますが、日本の茶の湯のことはまったく知らなくて、すごいなぁとただ思うばかりです。
中国茶のお菓子は、私の通っている流派では中国菓子に限らず多岐に渡るので、おかげさまで私のモチベーションも保たれています。
行き詰った時の打開方はお菓子のチェンジと気分のチェンジでしょうか。
今はたくさんの習い事や講座がありますので、気が向かないときは他のものを試してみるのもよいのかなと思います。
そのうちまた再開したいと思えるときがきたりしますしね、と私の場合ですが。
茶の湯の精神を教えていただきたいものです。

春節は中華街に行く予定の管理人チコより#271
 
 
》記事一覧表示

新着順:1/375 《前のページ | 次のページ》
/375